錬金術士のアロマ

最近初めて飲んだ、キリンのこれ。

この裏をなんとなく見たら、

あれ、これって水蒸気蒸留法じゃん!と。

水蒸気蒸留法というのは、アロマオイルを抽出する方法の一つです。
ランチタイムに1人で嬉しくなってしまいました

もちろんアロマオイルの抽出の際はもう少し大掛かりな機械ですが、
ほぼこんな感じ!!

仕組みはというと、

1.釜に原料となる草花を入れる

2.そこに水蒸気を通して芳香成分を蒸発させて

3.出てきた水蒸気を冷却すると、芳香成分を含んだ液体が得られる

4.さらにその水分だけを分離して、アロマオイルと芳香蒸留水とに分ける

といった、結構シンプルなものです。

しかもこの抽出方法、実はアラブの錬金術士が発見しましたひ~っひっひ

錬金術士というと、アニメのイメージが強すぎて、
なんだかすごいパワーを持った人のようですが。。

実在した錬金術士たちは、不老不死の薬や賢者の石、
といったものを探求していました。
化学のハシリとも言われたりします。

その水蒸気蒸留法の技術や香料は、
十字軍によってヨーロッパに持ちこまれ、
中世の香水ブームにも貢献するのです。

そんな時代の香料や抽出方法の面白さが、
なんとけっこう殺人鬼が主役の映画で観ることができます。
香水の存在が中心にありますが、癒し系では全くありません(笑)

その紹介も、次回また。