映画 「パフューム ある人殺しの物語」

今日は映画のご紹介音譜
アロマに興味があったら観てください。
12禁で、ちょっとグロ目ですが(^_^;)
「パフューム ある人殺しの物語」は、18世紀のフランスが舞台です。
あらすじはこんな感じ。。
市場で魚の内臓や悪臭にまみれた中、
魚売りの女に産み落とされたグルヌイユは、
その場で母親に放棄されるものの、孤児院に引き取られ、
やがて嗅覚が異常に優れた青年に育ちます。
どのくらい異常かというと、
ドアの外に何人いるかわかったり、
遠くの森の中に落ちた葉や、流れる川や石の香りまで感じられるほど!
やがて彼は、皮なめしの職人のもとへ売られて、悪臭が漂う中で働き始めます。
ある日仕事で訪れたパリで、
彼は香水というものの存在を知ります。
そしてまた同時に、香水とも違う、ある少女がもつ素晴らしい香りに惹かれ、
彼の初めての殺人は起こります。
その事件をきっかけに、自分が思い通りの香りを作るため、
彼は調香師に弟子入りし、
理想の香りを求めてあらゆる手段をとっていきます。
彼が作る香水は、人の心を意のままに操れるレベルにまで達します。
彼の理想の香りへの執着心の高まりとともに、
同じ特徴を持った少女達が次々殺される事件が起きます。
それはやがてグルヌイユに処刑の日をもたらし、
群衆は彼を殺す興奮で沸き立っているのですが、
そこでもまた。。とんでもない事件が起きるのです!!
(ここまでがあらすじ。)
ここからは、この映画の私のおすすめポイント目
まず、主人公のグルヌイユが、
自分が得たい香りは水蒸気蒸留法ではなかなか保存ができないため、
香りを長く保たせる方法はないのか?と考えるわけですが、
ここで出てくるのが、油脂吸着法です。
どちらもアロマオイルを得るために今も使われる手法で、
どんな装置を使うのか、なども結構わかりやすく出てきます。
水蒸気蒸留法は前回書いたとおり、
蒸気に含まれる芳香成分を取り出す記述ですが、
油脂吸着法は、ラードなどの油に花びらを載せて香りを吸着させ、
アルコールで分離させてアロマオイルを抽出する方法。
そんなところに注目してみてみるのも面白いと思います。
そしてこの映画では、世界を変える程の香りを作り出し、
その結果彼がどうなってしまうか、までが描かれています。
彼が女性の肌の香りを嗅ぐ時の仕草は、
すくい取ってすべて自分に取り込んでしまいたい、
とでも言わんばかりの、官能的な表現。
でもそこに愛の存在はないのです。
最後のほうで、彼は相手を愛することができていれば、
もっと違う形で理想の香りを得られたということに気づくのですが、、遅い!
そして彼自身には体臭がないのですが、
体臭がないことは、彼にとっては存在意義が無に等しい、
ということかもしれません。
石にすら香りを感じるのに、自分には無い。
その虚無感を埋めるかのように、最高の香りをまとって迎える最後は、
なんともショッキングですが、
うーん、そうなるよね、と納得もしてしまうのです。。
ちなみに、ダスティン・ホフマンやハリーポッターのアラン・リックマンなどの
名脇役が、もう、それはそれは主人公と彼が作る香りに翻弄されてます。
主人公を演じたベン・ウィショーはあまり知らなかったのですが、
この役で、ド変態がぴったりだということは、分かりました(笑)