花を使ったアクセサリー作り

{3DEBAC27-5D46-4632-B378-06602B6F152F:01}
花を使ったアクセサリーのワークショップに行ってきました。
私が作ったのはアジサイのイヤリング。
季節も終わりだし、ちょっと悩んだけど、
どうしてもこの色味が好き。
つけるとこんな感じ音譜
片方ずつデザイン違いにしてみました!
{9A10AC0F-68A6-4DBE-BE96-2F1F1C802120:01}

はなのめ、というお店のワークショップだったのですが、

聞きたかったこと、色々聞いてきました!

スタッフの皆さんがおしゃれで素敵で、全部教えてくれて。
私は今まで、花の香りやその効果に注目してきたけど。
今後は花を飾ること、花で自分を飾ることも、
取り入れていきたいなぁ。
あ、昨日買った多肉植物たちにも、
かわいい鉢を買って帰らねば!
{0424CC0B-8D32-4E35-A2D2-5EDC7C806CEA:01}
地味カワだな、こっちは笑

ほうじ茶カキ氷と、五香粉の香り

{1B7F55F6-F750-43D0-A384-DECED3AD2F7A:01}
今日はクノップゥという可愛らしいカフェの
ほうじ茶ミルク大納言をいただきました
ほうじ茶の香ばしさにさっぱりしたミルク、
ほのかに甘~い小豆。
最高過ぎて、キーンてなる間も無くペロリ
帰り道は、
夕日が川をオレンジに染めていて。

{67FBD9D9-DCD1-4943-9F03-EEABC240271C:01}
手前では雨が降っていたから、
雲が地上から立ち上ってる様に見えました。



なんだか、パワーが出てくる景色!!




で、気分が乗ったので。

{7D298480-0118-408E-B276-27535BEE59E9:01}

夕食に、

台湾料理のルーローファン作ってみました。
「五香粉」と「八角」で味付け。
香りが良くてもう、ただただ、
ご飯が進む笑
五香粉(ウーシャンフェン)は、
シナモン、クローブ、山椒、
フェンネル、陳皮、八角、
などのスパイスを混ぜたもののこと。
この中でも、
山椒以外はアロマオイルがあります。
共通する効果は、
身体を温め、消化を促進させること。
夏は冷房で冷えすぎたり、
冷たいものを飲みすぎたりしがちなので、
身体の中から温めるのは大事なこと!!
そして精神面では、
心を刺激して元気にさせる
考え過ぎている時、悩んでいる時、
行動力を発揮できるようにする
といった感じで、応援してくれます!
夏バテや急な天候の変化でグッタリ、
食欲もわかないな~っていう時は、
スパイス系の香りがオススメですよ!

木漏れ日と土の香り

この、光がシャーってなってる事にも名前があって。

{451C2A4B-80EB-446B-892A-F5CA86D7C086:01}

チンダル現象って言うんだそうな。

ウィキペディア先生によると、
分散系に光を通した時に、光が主にミー散乱により散乱され、光の通路がその斜めや横からでも光って見える現象
らしいです。
へー
もう少し綺麗な響きの名前をつけたい。
ミーって言われたらムーミンのお友達が出てきてしまうし
でも!
こういう場所で地面から立ち昇る、
草の匂いが大好き
アロマの香りでいうと
晴れた日や早朝はベチバー、
雨が降った後や蒸した夜はパチュリ、
夏が来るなってときの香りはこの2つに、
ソワソワする何かの香りが混ざってる。
海外に行くとまた、土の香りの他に
その国の香りが混ざってる。
もっと鋭い嗅覚と感性があったら。
きっとそこにある全てを、
もっと感じられるだろうに!
なんて事を思う、真夏日ですヒマワリ

七夕!ミルキーウェイの香り

{CD85D48D-9B8F-4840-903A-DDAB9A54F421:01}
今日は七夕でしたね!!
織姫&彦星の天の川のお話は中国から来たけど
西洋だと天の川はミルキーウェイ✨
なんでミルキーかっていうと、これまたギリシャ神話が由来になっていて。
ギリシャ神話の最高神であるゼウス。
彼はあるとき、妻である女神ヘラに薬盛って眠らせて、
愛人の子にその母乳を飲ませて、不死身にしちゃおうと画策。
だけど赤ちゃんの吸い付く力が強すぎて、
痛さに目を覚ましたヘラが払いのけたらお乳が空に飛び散り、
なんということでしょう…
ミルキーウェイができましたとさ
っていう話らしいです。
ゼウス、いい加減にしなさいよ、神さまなのに
でもでも神さまも人間らしいとこあるじゃない、
だから私たちの失敗も当然よね、
きっと許してくれるよね、
そうだよね、
だって、こっちは
人間だもの。
っていう親しみやすさでギリシャ神話って成り立つんだろな…

そんな七夕の夜、私はもうすぐ去る場所の人からの依頼で、

ロールオン香水を作りました。
ジャスミン、ローズ、ネロリで華やかに、
女性が開放的な気分になれる香り。
早く彦星さまに会えますように願いを込めて!
(私も含む)

夏野菜から、アロマの組み合わせ方のヒントをもらった

{7D084AD8-FB5F-4D32-A8E2-8DE58D288E99:01}

江戸川橋のオトノハカフェで、迫力のコブサラダを堪能しました
人参やナスの香りがしっかり強くしていて、
クルミや生のカボチャ、いろんな歯ごたえがあって、美味しかったー

よく香りの組み合わせってどうやって決めるの?
って聞かれるのですが、サラダを作る気分でやればいいんじゃないかなー?
なんて思いました。
いま旬の野菜はなんだろう?
よし、きゅうりをメインにしよう、
そうだ、彩りに人参とトウモロコシも入れよう、
量はこのくらいにしたらバランスがいいかな。
切り方はこの方が綺麗かな…
もっとも、人に食べてもらうとき位しかそんなに真剣にサラダ作らないけど笑
でも、人が香りを選ぶときも、自分の体や心が欲している香りを選ぶといわれています。
落ち込んでて元気になりたいときは柑橘系とか、
働き過ぎの男性はリフレッシュできる樹木系とか…
生理のとき辛い女性はゼラニウムやクラリセージ、とか。
だから、自分がいま、この香りが心地いい!
って思うものを主役ににして、
その香りと合うかな?っていうものを合わせるのが一番簡単。
ティッシュに1滴ずつたらして試してもいいし、
瓶をまとめて持って、鼻の下で円を描くようにして嗅いでみても。
ノート(香水を作るときなどの香りのたち方)は、こだわればそれも楽しいけど、
いま必要!っていうときは、
身体に使うときは1パーセント以内にする、
って事だけ守れば、オッケーだと思うのです。
その計算はちゃんとしたほうがいいけど!
一応書いておくと、アロマオイルは一滴が0.05ml。
10ミリのオイルに1パーセントの濃度なら、
10ml×1%=0.1ml
0.1÷0.05ml=2滴。
香水やルームスプレーはこの濃度をもっと濃くしていきます。
わかんない!ってなったら。
ご相談くださいな笑