10月4日 鬼子母神手作り市に出店決定しました!

Aromariageで鬼子母神の手作り市に出店することになりました!!

 

場所 雑司ヶ谷 鬼子母神境内

日時 10月4日、9時〜16時

詳細は手作り市のホームページをご覧ください。

http://www.tezukuriichi.com/home.html

 

当日は鬼子母神の境内に、美味しいお菓子やパン、オシャレな食器やかわいい雑貨がたくさん並びます。

 

となりの大鳥神社にも素敵なお店が軒を連ねていますので、見ているだけで飽きないし、池袋や目白からもお散歩がてら寄れる距離です。

 

秋も深まり、お散歩するにもいい陽気。

Aromariage の商品を実際に手にとって見ていただけます。

 

ハンドメイドのぬくもりを感じに、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

着物で出かけたい!!

image

最近、日本の絵を観るのも面白くて、

浮世絵を見に行ったりしていました。

着物に合うアクセサリーや帯留め作りの参考にもしたくて。

 

 

 

きっと着物のルールは色々あるのだと思いますが、

浮世絵を見ると、結構大胆な色や柄合わせをしているんですよね。

でも、全体で見るとちゃんと美しいし、色気もある!

 

もちろん、花街の女性とかがたくさん描かれているから、

っていうのはあるでしょうけども。

 

 

とは言え、この頃は決まり事もかなりゆるいようで、

季節外れの花や鳥が描かれていても、カジュアルな場ならOKだったりするようです。

そんなわけで、とうとう習い始めてしまいました。。色気も欲しいし笑

 

 

 

それに子供の頃から乗馬と着物は絶対いつか習うと決めていて、

乗馬は一応乗れるところまではいけたので、今回は着付けに挑戦です!

 

 

まずは1人で着るのを目標に頑張りますが、

目下の悩みは、最近ウエストを締めつける服をあまり着ていなかったので、

腰紐を締めるたび、お腹がぐぐぅ〜ってなって恥ずかしいこと!

先生は、「気にしないで、みなさん結構鳴りますよ」って言ってくれるけど笑

 

 

リュックに着物と気合を詰め込んで、通います!

ブルーベリーとマーブルケーキ

毎日何かしらスイーツを食べているのですが、
秋は、栗やベリー系の、実ものが食べたくなります。

先日食べた、ホワイトチョコのマーブルケーキにブルーベリーのソース。
美味しいし、色合せも綺麗だし。。

ああ、マーブルカラーのベースに、濃い色の花をあわせるのも素敵かなぁ。。
リングでやってみようかな。
チョコレートコスモスはドライにしたら色が暗すぎるかなぁ、
なんて、最近はアクセサリーにできるかな?っていう基準で色んな物を見ています。

 

できるだけ失礼になったりマナー違反にならないようにしていますが、
できればそっと見守ってやってください笑

実りの秋

秋っぽいアクセサリーが作りたくて、
秋といえば。。食欲の秋でしょう!ということで、
作っちゃいました。

オレガノと、ピンクペッパーのピアス。

これはフープタイプだけど、デザイン違いも作ろうかなと思ってます。
ピンクペッパー、ちょっとハマりそう!!

勇気をおすそわけ

新たな旅立ちを決意した友人から、私はこの言葉を信じてるって言われました。

You are brave to say goodbye, someone say hello to you.

 

 

もしかすると言い回しが違うかもだけど、

さよならをする勇気があれば、新たな出会いがあるよ、ってこと。

 

 

思い出がたくさんの街、やり慣れた仕事、

縁あって出会った人たち、家族や家。

お別れをするのは勇気がいるし、その選択が間違いないって信じるのは難しい。

 

 

だけど、なれない場所や新しい環境で裸一貫頑張った人ってほんとにたくましいし、

色んな新しい縁をつなげてる。

 

 

彼女はそうやって、最初に出会った時よりも、

東京で再会した時よりも、また強くなっていました。

 

 

私はまだまだ甘いなーと、反省しつつ。

 

前進する勇気をちょっと分けてもらいました。

香りが記憶を呼び戻す

私にとって、キンモクセイの香りは小学校の校庭を思い出す香り。

人によってはトイレの芳香剤とからしいですね笑

私が通っていた小学校は、校舎がとても古かったので、夕方に人気がなくなるとちょっと怖いくらいボロかったんです…

最近改築されたようで、いつか見に行きたいな、と思ってるのですが。

でも、そんな古かった校舎がとても素敵に見える季節があって。

それは、春と秋。

桜の時期は、校庭でたくさんの立派な桜の木から花びらが舞って綺麗だったし。

秋はキンモクセイの花が咲いて校庭を甘い香りで満たしていたし、立派なイチョウの木もたくさんあって、黄色い葉が舞う秋晴れの日は、とっても綺麗だったんです。

だから今でも近所のお庭のキンモクセイが香ると、懐かしいような、ちょっと切ない不思議な感覚が蘇ります。

よく、好きだった人の香水の香りで、当時の出来事を思い出したりする、というような話を聞きますが。。それと一緒かな?

これは、脳内で香りを認識するところと、物事を記憶するところがとても近いからだと言われています。

だから、記憶力の低下やアルツハイマーに対して効果のある香りなども沢山研究されていて。

例えばイギリスの大学では、ローズマリーの香りを嗅ぐと、記憶力が60〜70パーセントアップしたという実験結果が出たそうです。

香りそのものが呼び起こす記憶

香りの効果で新しく定着される記憶

この2つの記憶が、香りと脳の中の電気信号とで呼び出されたり、更新されたりしてる、そう考えたら、アロマや香水の効果って大きいですよね!

ちょっとシュールな平家物語

IMG_9856

今日は和ろうそく屋さんで平家物語を聞く、というイベントに行ってきました。
祇園精舎の鐘の声〜位しか知らなかったけど。。

 

想像してたよりずっと面白かった!
今回聞いたのは「富士川の戦い」という場面でした。

あらすじはざっとこんな感じ。。
源頼朝を討伐するために集められた平清盛の部下たちが、
富士川で戦いに備えていました。
平家の武士たちは太平の世に慣れちゃって、公家みたいにお歯黒をして、
モチベーションも低い寄せ集めの軍隊でした。
しかもそんな平家の中でも指折りの弓の強者に、源氏軍てどんな感じ?って聞くと、
「源氏には俺なんかより凄い奴らがわんさかいて、めっちゃ強いんだぜ!
俺は無事に帰れるなんて思ってないぜ!」
と答えたものだから、皆すっかりビビってしまいました。

この弓の人も、仲間ビビらせてどうする、って思いますが。。
まあ置いといて。

 

やがて夜になると、海や山や川のいたるところに、おびただしい数の灯りが見え始めます。
ただでさえ腰の退けている平家軍は、
源氏はとんでもない数の軍勢でくる気だ!やばい!と更に不安が増しました。。

 

でも実際のところ、この灯りは、その土地の住民たちが戦に巻き込まれないように
森で野宿したり海に船を浮かべて、そこで煮炊きをしている火だったのです。

もうこの時点で、平家側完全にハートが負けてます。

 

そして近くの水辺には、たくさんの水鳥が集まっていました。
その水鳥たちが、何かに驚いたのか急に一斉に羽ばたき、
大きな羽音が雷鳴か嵐のように響いたのです。

 

「ヤバい!奇襲だ!源氏の軍勢が攻めてくる!」

 

勘違いして、逃げ出す平家の武士たち。。
武器もとらず、他人の馬に乗っちゃったりして、
しまいには杭につないだまま走らせて、ぐるぐる回ってるだけとか。。

呼ばれてきていた遊女たちも巻き沿いで頭を割られたり腰を砕かれたり。。
ひどい有様!それでも武士か!

そして翌朝、源氏軍がやってくると、そこはもぬけの殻。
ハエ一匹飛んでいない、と部下から報告を受けた頼朝は、
これは自分の手柄じゃなく、菩薩様のおかげだ!と感謝します。

平家郡の失態を見ていた遊女や土地の者達は、
「敵の姿を見て逃げるのも浅ましいのに、音だけで逃げたし!笑」
と平家を失笑して、その内容を詠んだ句の落書きが流行るほどでした。

 

というような物語でした。驕れる者は久しからず、シュールなオチです。
でも語りで聞くと、怯える武士の情けなさとか、戦地へ見送る女性の哀しみとか。。
そういうものがより想像できて、前後のストーリーも知りたくなりました。

 

他にも清盛のところにでっかい顔のもののけがでる話とか、
読み込むと、これはなかなか面白そうです。

 

語りをされた金子あいさんも、凛としたお着物姿で、
和のテイストもアクセサリーに入れていきたいな、
と思っていた私は、まじまじと観察してしまいました。

 

今週は日本文化を満喫する一週間でした!

早稲田のMOJO Coffee

神楽坂のあたりは時々散策するけれど、メインの通りを抜けきってしまうと中々いいお店を見つけにくい。
口コミとか食べログで知れば、そこめがけていけるけど。。
今日はどうしても行きたいカフェがあって来ました。
前に友達に教えてもらったところで、1人で来てみたけどやっぱり素敵!
このカフェは若干不便なところにあるけど、雰囲気がいいし、小さいけど二階に気持ちのいいテラス席もあるし、
店内も落ち着いた空気感があって、椅子や照明もオシャレだけど緊張しない。
お茶は良くする方だと思うけど、わざわざここまで来たいなっていうカフェは実はそんなになくて。
ここは数少ないそういうお店の一つです。

私のお店も、そんなお店にしていきたいな。店舗が無くても。
私のところで買いたい、気持よく大切な物を買える、そういうことで選ばれるようにならなきゃ。

地震、結構揺れた。。

明け方の地震、結構揺れましたね。。
作りかけのパーツや花が散乱している部屋を見て、ものが落ちるまでは揺れて無いのにこの散らかり様。。
ちょっと整理しよう、と気付かされました。

台風で大変な被害を受けているところに、これ以上の被害がありませんように。。

光るつぼみのピアス(イヤリング)

つぼみのピアス、もちろん普通にかわいいのができたのですが・・
特別に夜光の加工をして、暗いところでほんのりと光るものを作りました!
昼間は細かなラメが煌めきます。
パーティーシーズンのアクセサリーや夜のお出かけにもおすすめです。

ピアス、イヤリングどちらでもお作り可能です。

オーダーメイドアクセサリーについて

先日、オーダーメイドのメンズアクセサリーを作成をしました。

こちらは、「カンナ」というお花で作ったもの。

IMG_9728

ご依頼いただいたのは、俳優の宮崎肇さん。
彼の大切にしているお花で作りたいとのことで、
花びらを何枚かお預かりして紐タイプのネックレスにしました!

IMG_9729

大きすぎる花びらは半分ほどにカットし、
コーティング加工の紐、古美金のパーツと合わせました。
オーダーメイドの際は、お花の種類、
つけるパーツもできるだけご希望に添えるようにしますので、
ご相談くださいね。

デルフィニウムをつないだネックレス。

秋の夜長に

{A639BB10-9EDE-4992-8AB6-BA4273FBA06A:01}
秋を代表する花、コスモス。
ガーベラも薄紫でしっとりした魅力。
花屋さんにも秋色トーンが並んでます。
そろそろ、
こういう色合いのアクセサリー作りたいなぁ。
でも製作には向かない大きさのドライフラワーが
結構余ってるなぁ、
なんて考えながら買い出ししてたら。
そうだ、リース作ろう。と思い立ちまして。
リースの土台を購入。
丸いリースには、始まりも終わりもない、
「永遠」という意味があるらしいです。

{71BED2D4-A55D-45E1-B01D-0CF8D7A0B380:01}
真ん中はこれから私が使う名刺。
何者なのかよくわからない仕様ですが笑
一番大事なのは、
花を見た目でも香りでも楽しむことをやってるよ。
ってこと。

aromaをmariageさせて楽しむ、
花をアクセサリーとして楽しむ、
そういうことをやっていきます。
少しでも長く、深く、楽しめるように。
決意のリースを作ろう。