香りが記憶を呼び戻す

私にとって、キンモクセイの香りは小学校の校庭を思い出す香り。

人によってはトイレの芳香剤とからしいですね笑

私が通っていた小学校は、校舎がとても古かったので、夕方に人気がなくなるとちょっと怖いくらいボロかったんです…

最近改築されたようで、いつか見に行きたいな、と思ってるのですが。

でも、そんな古かった校舎がとても素敵に見える季節があって。

それは、春と秋。

桜の時期は、校庭でたくさんの立派な桜の木から花びらが舞って綺麗だったし。

秋はキンモクセイの花が咲いて校庭を甘い香りで満たしていたし、立派なイチョウの木もたくさんあって、黄色い葉が舞う秋晴れの日は、とっても綺麗だったんです。

だから今でも近所のお庭のキンモクセイが香ると、懐かしいような、ちょっと切ない不思議な感覚が蘇ります。

よく、好きだった人の香水の香りで、当時の出来事を思い出したりする、というような話を聞きますが。。それと一緒かな?

これは、脳内で香りを認識するところと、物事を記憶するところがとても近いからだと言われています。

だから、記憶力の低下やアルツハイマーに対して効果のある香りなども沢山研究されていて。

例えばイギリスの大学では、ローズマリーの香りを嗅ぐと、記憶力が60〜70パーセントアップしたという実験結果が出たそうです。

香りそのものが呼び起こす記憶

香りの効果で新しく定着される記憶

この2つの記憶が、香りと脳の中の電気信号とで呼び出されたり、更新されたりしてる、そう考えたら、アロマや香水の効果って大きいですよね!