turquaisegirl

ターコイズの魅力・歴史に徹底的にせまる

12月の誕生石でもあるターコイズ。

鮮やかな空色の石で、パワーストーンとしても根強い人気があります。

今回はそんなターコイズの魅力と歴史を調べてみました!

turquaisegirl

出典元 https://jp.pinterest.com/pin/AWyjtzlfU4Kw0Ap-hwTu3Tqbu_o1mqlflYk0jPK-uXy_rSdpBkVCh2c/

ターコイズの産地は巨大文明発祥の地

別名「トルコ石」とも呼ばれるターコイズですが、実際はトルコでは産出されません。

ターコイズは、シルクロードを経由して、トルコの商人や十字軍によってヨーロッパにもたらされたことから、トルコ石、と呼ばれる様になりました。

更にはこの空色を表す色の名前として「ターコイズ」という言葉も使用されるようになったそうです。

歴史の長い石ではありますが、ヨーロッパで人気が出始めたのは14世紀以降とされています。

では実際にターコイズが採れる国はどこかというと、長く主要な産地だったのが現在のイラン(以前のペルシャ)、シナイ半島(エジプトの半島)、アメリカ南西部などがあげられます。

他にも少量の産出がある国もありますが、一部地域ではほぼ枯渇しているところもあります。

この産地からもわかるように、ターコイズは古代エジプト文明、アステカ文明、メソポタミア文明、インダス文明、中国など、大文明を誇った地域で権力者たちを中心に愛用されました。

mosk

出典元 https://jp.pinterest.com/pin/343118065340742530/

 

 

アステカでは、儀式に使っていたナイフやタテなどの武器にターコイズが使用されていました。

ペルシャではモスクの中のタイルのように、神聖な場所を装飾するために用いられています。

ネイティブアメリカンのアパッチ族は、射撃の精度が上がるお守りとして使い、ナバホ族は雨乞いの儀式に使っていました。

 

そして、これらの文明に共通するのは、「ターコイズは装着者の体調に合わせて色を変化させ、悪運から身を守ってくれる」というお守りのような役割です。

トラブルから守ってくれるということから、「旅のお守り」としてもターコイズが使われてきました。

 

nativeamerican

出典元 https://jp.pinterest.com/pin/486177722244188689/

 

美しさの理由と現在のターコイズ

「ターコイズブルー」は、宝飾品だけでなくファッションやインテリアでも愛される色の名前です。

実際のターコイズには、かなり濃いブルーのものから、薄い水色、黒い線が走っているものなど、複雑な色味や表情を持ったものがあります。

石の中に含有する鉄分や銅の割合によって、空色の色味にも変化が出るのです。

現在、とても安価にターコイズと謳っている商品もありますが、ファストファッションブランドなどで売られているものは、模様が近い石などを染色して作ったもの。

中にはプラスチック製のものなども出回っています。

元々ターコイズは繊細で割れやすい石なので、補強のためにコーティングしないとアクセサリーとして使いにくいことなどもあり、そんなに安価に手に入るものではないのです。

もちろん安くてかわいいデザインのものも楽しみやすいですが、せっかくなら石本来の力強さや美しさを感じられる本物が欲しいですよね!

turquaiseaccessories

出典元 https://jp.pinterest.com/pin/28288303886979179/

 

 

パワーストーンとしてどんな力があるのか

長い歴史の中で愛されてきたターコイズですが、パワーストーンとしてどのような意味や効果があるのかをまとめました。

 

心を安定させ、潤いを与える

不安や焦燥感を洗い流す

判断力をもたらし、自己実現を助ける

旅の安全を守る

友情を強める

ネガティブなエネルギーをはねのける

困難を乗り越えて夢や目標を達成するための助けになる

 

仕事や自己実現のために頑張っている人、人間関係で悩んでいる人、旅や出張など移動の多い人が身につけたい石ですね。

人から贈られることで絆を深めたり、パワーを増す石ともされているので、大切な人の旅立ちの時のプレゼントにもピッタリかもしれませんね!

turquaisedriver

出典元 https://jp.pinterest.com/pin/267401296601929401/