に投稿 1件のコメント

妊婦さんが使えるアロマでリラックス

{BA8132A4-A5D5-495E-A583-5084793084CD:01}

来ました!先日講習を受けたアロマインストラクター資格の証明書!

これから少しずつ活動を広げられたらいいな

という決意表明に続きまして、今回は妊婦さんとアロマの話。

ずっと気分が悪かったり、不眠ぽくなってたり…
人によって色々出方が違うけど、やっぱり身体の見た目も中身も、それまでとは全く変わってしまうのは、相当気も使うし心も不安定になりがち。
そもそも女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが2週間交代で分泌されます。
語弊があるかもしれませんが、男性はそんな急に出たり引っ込んだりしないので安定してますが、女性はそんなわけですから、ホルモンバランスの変化とともに心も乱れてしまうのは、仕方のないことだし、当たり前なんです。
そして妊娠中はその身体の変化と、赤ちゃんを迎える喜びと不安も入り混じって、さらにデリケートになってしまうという
そんな時、妊娠中でも注意すれば使えるアロマオイルをご紹介します。
初期はできるだけ芳香浴のみにしたほうがいいので、ティッシュやディフューザーで、オレンジやグレープフルーツ、ベルガモットの香りでリフレッシュ
つわりにも柑橘系の香りがいいとされています。
中期以降は、これらの香りに加えてローズウッド、ネロリ、ラベンダーやサンダルウッドなども使えるので、ごく薄く、1%位にホホバオイルなどに希釈してマッサージするといいですよ。
逆に妊娠中使ってはいけない香りもあります。
ローズやジャスミンがそうなんですが、それらは出産時に焚いたりすると、スムーズなお産を助けてくれます
妊婦さんの旦那様。
もし奥様が中期以降で辛そうにしてたら、アロマオイルを混ぜたマッサージオイルを使って、手や足にやさしーくなじませてあげるだけでも、きっとリラックスできますよ。
そういうコミュニケーションで癒すのも、パパの素敵な準備になるかも
妊娠中は使っていいものもあれば避けるべきものもあるので、きちんと調べて使いましょう。
お医者さんに相談したり、マタニティー専門にマッサージしてくれるサロンも利用して、素敵な時間にできるといいですよね
に投稿 コメントを残す

アロマスプレーを作るの巻き!

{E5EF4DE7-70AE-4BA5-9A6A-EA2F8F604EAB:01}
チベット体操とアロマのコラボ第2回音譜
今日は大人しかいない会だったので、アロマのプロフィールカードを作って、
体質に合わせた香りや食欲とアロマの関係など、
ちょっと突っ込んだお話もしてみました

{A1D578DD-E078-4C22-B7A7-39B35934411D:01}
早速、リフレッシュ、安眠、風邪予防など、目的に合わせてブレンド。
みんなでシュッシュッ!としたら、
いいにおーい
もう眠くなってきちゃった
など、色んな反応が見れて嬉しい!!

{42D4119A-06BC-4887-9CE0-A4B5C1FC9F6A:01}
続いてみんなでチベット体操。
ポーズをチェックしてもらい、自己流になってるとこを直してもらいました。
さらに今日はカードを引いて、深層心理のチェックも。
親子でやると、子供が口では表現できない気持ちが表せたりするらしい!
私が引いたのは…

{5F337865-6C4F-44A6-95DF-186045F6411C:01}

はい、次行ってみます笑
に投稿 コメントを残す

ふわっとしっとり肌になれるオイル美容

この時期、頬やおでこがガサガサになってしまったり、
常に外にさらされている手肌やデコルテにツヤがなくなってきたり。。
ただでさえ乾燥しているところ、暖房で追い打ちをかけられて、
お肌がくすみがちになりませんか?

そんなときは、ローズヒップオイルで作る美容オイルがおすすめ。
ビタミンC,B,Eを含み、皮膚の再生効果、
老化防止やシミ、シワを目立たなくさせるなど、栄養価がとっても高いのが特徴です。

ローズヒップオイルは、バラの種子を圧搾して取るオイルです。

ただ。最近話題のココナッツオイル同様、香りはちょっとキツメ。
かつ酸化しやすいので、ホホバオイルやマカダミアナッツオイルに
10%の割合で混ぜて使うのが定番です。
他のオイルより、少しお高めという事情もあります。。

・・が!!
私もサロンではそう習いましたが!!

早くガサガサを脱出したい!
うるつや肌を一刻もはやく!
という時には贅沢に、(香りはちょっと我慢して)使っちゃってます

おすすめレシピ
ローズヒップオイル 30ml
ホホバオイル 20ml
ローズ2
ジャスミン2
ネロリ6
(アロマオイルは、基材のオイルの1%以下になるようにしましょう。1滴は0.05mlなので、50mlの基材オイルであれば10滴以下です)

手のひらで少し温めて、
デコルテから頬、おでことじっくりなじませていくと、
ガサガサやお疲れ肌も、翌日にはふわっとしっとり。
ツヤと弾力も高めてくれるオイルが、自分で手軽に作れます。
もちろん身体に使ってもOKです